spirit of Nature logo
  日本語ホーム ギャラリー

最新情報

ストックフォト 写真販売 ブログ プロフィール 連絡先   English Site



プロフィール

sunny awazuhara reed

茨城県日立市生まれ。自然に恵まれた、ひたちなか市(旧勝田市)にて育つ。

10代の頃から写真に目覚め、ドッグショーにて犬の写真を撮り始める。学生時代は、勉強もそっちのけで、日本各地のドッグショーをカメラ片手に走り回っていた。 写真は愛犬家の間でも好評で、”愛犬の友”を始めドッグショーの目録などにも掲載された。

1995年夏、アメリカ一周の多国籍ツアーに参加したことにより、人生観が変わる。9週間におけるキャンプ生活にて、アメリカ、カナダの国立公園をめぐり、アウトドアライフを経験、北米の雄大な自然に圧倒された。また、この旅によって再び写真に目覚める。

1999年、留学を機にアメリカに移住。ネバダ州ラスベガスにて、ホテル経営学を学ぶ。

2001年の夏、アラスカ、デナリ国立公園にてひと夏を過ごしたことが、新たな人生の転機となった。アラスカの手付かずの自然、ダイナミックな山々、豊富な野生動物にすっかり魅了されてしまった。その後、アラスカは憧れの土地となる。
また、2003年の夏、ワイオミング州イエローストーン国立公園にも在住。
これらの経験が、自然写真へ導いたことになる。

ネバダ州立大学を卒業後、カリフォルニア州サンディエゴに引越す。大学で学んだホテルビジネスへの興味を持てず、サンディエゴ市大学にて写真のクラスを受講し始める。在学中に写真学部年間コンテストにて”Best of Show”に選ばれる。その他、San Diego Union Tribune(サンディエゴの大手新聞)の自然写真コンテストにて二席を受賞、サンディエゴ・カウンティー・フェアにて名誉賞を受賞、またOutdoor Photographer Magazine(アウトドア・フォトグラファー・マガジン)のコンテストにて名誉賞を受賞した。それから現在に至るまで、ナショナルジオグラフィック:アラスカ、アラスカ・マガジン、ナショナルジオグラフィック・ウェブサイト(米国版)、アラスカ航空機内誌、アラスカ・カレンダー各種、シェラクラブ・カレンダー、Mother Earth News, Outdoor Photographer’s Magazine、Tahoe Quartely 等、数多くの出版物に掲載されている。(出版物掲載一覧)

現在、アラスカ州アンカレッジに在住。アラスカの雄大な自然や野生動物、オーロラを中心に写真撮影を行っている。自然の見せてくれる神秘的な瞬間を、写真を通して伝えていくのを目標としている。 自然環境保護はいつも大切な目標となっている。写真を通して、残された自然の大切さを伝え、少しでも自然保護に貢献できればと願っている。

現在、カリフォルニア州レイクタホ、ヘブンリー・ヴィレッジのショッピングセンター内の”Black Peral Galleryおよび、アラスカ州フェアバンクスのチナ・ホットスプリングス・リゾートにてオリジナルプリントの展示販売中。また、オアシス・フォトライブラリー、Alaska Stock Imagesにて出版物等への貸出し写真の提供を行っている。

 

 

sunny awazuhara reed at katmai

Portrait (top photo) by Terry C. Blosser